Kinosgroup

マカ

大自然!ペルー産のマカ

~驚くべき力を秘めたインカの強壮・強精植物~


ペルー産マカとは?その栽培地とは?

ペルー産のマカはペルーのアンデス地方原産で高度3,5004,000 mの高地でフニン県のボンボン高原を中心に栽培されています。厳しい環境の中で育つマカは大地の生命力を蓄えています。虫の生息する環境ではありませんので、害虫等も発生しません。



マカは高度4,000m以上でも栽培できる唯一薬効のある栄養素豊かな植物です。マカは春の10月頃に種を蒔き、秋~冬にかけて(57月)に収穫され、約1年も経たないうちに収穫することができます。またマカを殖やすために元気なマカを選び、種を取るために別の畑で育てるなど独自の育成方法により栽培されています。



マカで元気!?

マカはアメリカで「天然のバイアグラ」と新聞上に紹介されました。
マカは一度育て、収穫すると7年間は畑を休ませなければならない程、栄養分を根こそぎ吸収します。これがマカの滋養分を豊富に含有している理由の一つです。また激しい温度の寒暖差、紫外線、酸性土壌のような過酷な気候条件にも耐えうる強い生命力をもつ植物であり、周囲にはその他の植物はほとんど生えません。滋養強壮効果抜群の植物です。




一般的な効能

・エネルギー源
・肉体と精神の均衡保持によく効く・集中力と記憶力を工場させる
・ストレスと疲労を減らす
・免疫システムの強化
・月経周期を正常化し、卵子の増殖、多産のきっかけになる
・精子形成の増進
・セックスライフの質的向上

これまでのマカの言い伝えや論文において、性機能の向上作用が知られていました。そして近年新しい機能性も報告されています。弊社においても東京海洋大学との共同研究において、有効成分ベンジルグルコシノレートが男性・女性の性機能を向上させるほか、抗疲労作用があることが見出されています。